香取正博のブログ

ナインオクロックは無地Tシャツブランド!オーダーメイドTシャツ簡単カスタマイズできます。 東京から岩手に愛犬と移住して起業。

香取 正博のブログ

1日2万PV越えとバズったブログを検証してみた。

こんにちは!パソコン1台で岩手に移住した年収1億円ブロガー(予定)の香取です。

 

そういえば先日のブログが過去最高にバズりました。

1日間で20,000PVオーバー!

 

ビッグブロガーからしたら微々たるものですがこの記事ね

 

 ↑はてぶも過去最高

 

ブログ内容の是非はさておきw

一応、タイトルの決め方、アイキャッチ画像などきちんと考えていましたよ。

 

・ターゲット設定をしたアンチテーゼなタイトル

・3種類の面倒くさい人と数字を入れる

・3名のファッショニスタ風のアイキャッチ画像

 

これで視覚的に興味を引かせ、記事が読まれやすくなるかなと。

 

いつもどおり自分のFacebookとTwitterでシェアして、記事公開後は1日中、常に100名以上が閲覧している状態でした。

 


f:id:katorimasahiro:20181021002717j:image

 

ちょwお前のブログ伸びすぎww有名人じゃんwww状態でした(笑)

 

10月16日は20,000PV以上

10月17日は17,000PV以上

10月18日は10,000PV弱

 と3日間で47,000PV以上いきました

 

f:id:katorimasahiro:20181021011115j:plain

 

いつもは未更新で1日1,000PV前後なのですが、いきなりバイーンと伸びましたので驚きました。個人的には過去にももっと面白い記事たくさん書いてきたのにって感じw 

 

なぜバズったのか??(あくまでも俺的バズり)

検証してみます。

 

まずはアパレル業界のメディア野郎・南砲が炸裂しました。

 

 

知ったかぶりホラ吹きジジイって誰だろねw

 

 

で、当ブログは“はてなブログ”を使ってるのですが、高アクセスになると、はてなブログのサイト(https://hatenablog.com/)に転載されるんです。

 


f:id:katorimasahiro:20181021014444j:image

 

 

結構はてな流入が増えてきますが、ここまでは過去に何十回とありました。だいたい2,000PV以上はいきます。

 

さらに高アクセスになると、“はてな”のポータルサイト(http://www.hatena.ne.jp/)に格上げされ転載されます。

過去何度かありましたがここまで来ると3,000PV~5,000PV以上に伸びます。

 

で、今回はさらにその上を行き、SmartNews(スマートニュース)に転載されました!


f:id:katorimasahiro:20181021002614j:image

 

SmartNewsは「はてな」のカテゴリーがあるので、はてなブロガーは掲載チャンスがあるのです。


これが私が数あるブログサービスで“はてなブログ”にした理由のひとつ。

 

しかし、はっきり言って「記事の質」は関係ないと思いますw

記事の勢い!これがポイントだと思います。

 

そのおかげで、IT系ニュースサイトGIGAZINE(ギガジン)にも転載されました。

 

gigazine.net

 

 

拡散は勢いが大事なのでさらに、Googleアプリの「おすすめの記事」にも転載されました。検索バーの下部にあるところですね。

 


f:id:katorimasahiro:20181021002625j:image

 

ハーバービジネスとTHE BRIDGEと連なるおいらのブログww

 

とこのように、Twitter、はてな、SmartNews、GIGAZINE、Googleアプリからの流入が主で、1日2万PV越えをしました。そしてその余韻も3日間続きました。

 

以下が3日間の累計ユーザー数と参照元メディアです。

 

f:id:katorimasahiro:20181021021235j:plain

 

スマニュー砲が凄まじく1万人以上が訪問してくれました。

(direct)/(none)は、何かのスマホアプリからの流入らしい。

しかしFacebookのエンゲージメントが最近まじで下がってますね…

 

ということで色々と楽しませもらいました!

これだからブログは面白いw

年収1億円ブロガーへ1歩近づいた気がします。

 

まぁちょいバズったからといって売上が上がるわけでもないのだが。

しかし3日間で25,000人以上もの人が当ブログにアクセスしてくれたわけで、このようにして我々弱小企業は認知拡大のため、継続した発信をして、しのぎを削っているのである。