香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

香取 正博のブログ

【政党の分布図】ホリエモンあたりが言いそうなグローバル化路線は周回遅れ

期間中なので選挙ネタw

 

 

f:id:katorimasahiro:20171019090137j:plain

 

【政党の分布図】

 

 


こうやって見ると各政党のポジションがわかりやすいですが、現在の日本は右も左も「グローバル化」路線。

反グローバル化の政党は共産党しかないw

縦軸上は「小さな政府」、縦軸下は「大きな政府」とも言い換えれるでしょうか、

グローバル化(小さな政府)のような新自由主義的な価値観は、今後の世界的な流れだからね!とホリエモンあたりが先見的にドヤ顔で言いそうですが、

しかしブレグジットが起こったのも、トランプ大統領が誕生したのも、欧州各国の移民排斥を掲げる党が躍進しているのも図右下の「空白の領域」の勢力です。

これは歴史人口学者エマニュエル・トッド氏のいう「グローバル化疲れ」によるものでこれが世界的な流れだと思うのです。

しかし日本では移民比率や対内直接投資が低いので「グローバル化疲れ」を知らない。

だから日本では「空白の領域」の勢力がほぼ居ない状態であり、各政党ならびに経済界が推進するグローバル化(小さな政府)路線は世界的にみても周回遅れだと思えてなりません。

 

ぜひ選挙の参考にしてみてくださいw

 

で、もっというと図左下は労働組合、図右下は農協といえるかもしれません。

 

昨今はなにかと叩かれてた農協ですが、そもそも協同組合というのはグローバル化勢力をはじめとする大資本に、弱者である労働者や農家が対抗するために生まれた組織でしょう。

 

それを既得権益だと叩き農協改革を推し進めたというのは分布図を見れば、グローバル化(小さな政府)路線だからといえるのかもしれませんね。