読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

祝???6年前?初心忘るべからず

こんばんわ。香取です。

 
 
ちょうど今日の6年前、2009年11月17日に西池袋にとあるヘアサロンが開店した。
 
その日はオープン日でありながらあいにくの仏滅であった。
 
しかしそこのサロンオーナーはそういった日取りとか縁起などはとくに気にしないようである。
 
さらにその日はあいにくの大雨であったようだが、面接や受験、引っ越し、さらに旅行などだいたい大雨なのでこれといってとくに問題でもなかったようだ。

 

そんなオーナーは当時若干25歳の笑うとほんの少しだけ右にシャクレてしまう千葉県出身の男であった。
 
 
念願の独立であったようだが、意外にも意気揚々とせず冷静に淡々としていたようだ。というのも開業にあたり様々なトラブルもあり、起業ゴールを果たしてしまったようである。
 
 
念願の起業ゴールにより、そこから毎日が一寸先は闇であった。
 
 
師走に差し掛かる時期であったのだが思ったよりも売上と客数が伸びなかった。
 
とある日は客数が1名しか来ず、売上が1500円の日もあった。
 
今でもそのお客さんを覚えている。飯島さんだ。飯島さんが来てくれなかったらその日は客数と売上は0であった。
 
飯島さんありがとう。譲渡した新しいサロンにも飯島さんはまだ来てくれているのだろうか。
 
 
従業員も3名いたがその日はさすがに完敗であった。
 
暇でどんよりするのも嫌だったので16時に店を閉め、磯丸水産で乾杯した。
 
 
今となっては良い思い出である。
 
 
世間はクリスマスモードになっていたが、無事に年を越せるか不安であったが少しずつお客さんは来てくれるようになった。
 
目標達成とはいかなかったがなんとか黒字を出すことができた。
 
年が明け、そこからお陰さまでほぼ右肩上がりであった。
 
それから3年が過ぎ、調子にノッていたサロンオーナーは、まさかデフレに苦しめられ市場から淘汰されるとも知らずに新宿に2号店を出店した。
 
このオープン日も仏滅であり、あいにくの大雨であった。
 
私の得意技はもはやブツメツバスターである。
 
 
ブツメツバスターとは?
 
 
カネもないしセンスもないのでシンプルにスッキリとした店内であった。
 

f:id:katorimasahiro:20151117183555j:plain

 
左の植物は大澤さんから戴いたパキラ。
花言葉は「勝利」
しかし私はデフレに敗北したw
 
真ん中の植物は望月さんから戴いたサンスベリア。
花言葉は「不滅」
しかし私は市場から淘汰されたw
 
右の植物は(株)IDCさんから戴いた「幸福の木」
 
こ こ 幸福www
 
 
 
当時のこいつに言いたい。
 
 
 
 
おかげで今は幸福に向かってるぜw
 
 
 
あそこで2号店を出店しなかったら、そのまま無難に1店舗経営を続け、貯蓄も残り、借入も完済し、結婚し、子供が生まれ、一生美容師で生きていくことになり、私は美容師でずっと消耗し続けていたことだろう。
 
 
ナイス失敗!
 
 
とはいえ、6年前のオープン日の事、その日の初めてのお客さんも明確に覚えている。
 
 
初心忘るべからず
 
 
池袋店はスタッフに無事引き継ぐことができ感謝もしているし、当時よりも順調そうできっと良いサロンになっているだろう。
 
新宿店は様々なトラブルがあった。これはまた近く書きたいと思うw
 
 
 
今日はふとそんなことを思い出しましたw