香取正博のブログ

9o'clockというブランドで、アパレル×ヘアサロンを運営してます。岩手に移住して久慈⇆盛岡⇆東京と多拠点生活してる香取正博のブログです

香取 正博のブログ

【M&A案件】アパレルブランド9o'clockを誰か買収してくれませんか?

 

突然だが、当方が運営する人気無地Tシャツブランド9o'clockを誰か買収してくんねぇかなぁ(笑)

買収金額は1,000円ぐらいでいいからさぁ(笑)

 

 

f:id:katorimasahiro:20190304025427j:plain

 

 

やっぱりアパレル素人の自分1人じゃこれ以上のブランド拡大は厳しいものがある。

アパレル舐めてたわ!ww

裸で生活している人なんて皆無だから大きなマーケットだと軽くみていた。すみま千円。

1,000円もあればTシャツやジーパン、靴すら買えるそれが現代のアパレル業界だ。

 

でも結構いいところまでキテるはずなので辞めはしない。辞めはしないけど、ひとまず私はブランドの横展開をしてヘアサロン9o'clockで仕切り直すことにします。

 

だってさ、アパレル事業って

 

ROI(投資利益率)が低い

 

これうちのビジネスモデルに問題があるのはもちろんだが例えば今春、1,000枚のTシャツを生産する勇気が私にはもうない。

プロモーションとしてテレビ・新聞・SNSを駆使したが私個人がtoCにリーチできるのはもう限界。

アパレルは水物商売。ピークが過ぎ去った中1,000枚も生産してしまったら最期に残るのは後悔と在庫だけ。

1,000枚生産するのにも国内製造は200万円近くかかるからそんな博打みたいな投資はできない。

じゃあ200枚とか小量生産にすればいいじゃないかと思うがアップチャージによるコスト高に加え、仮に完売しても利益なんてたかが知れている。

それなら確実性の高いヘアサロン事業へ振り切ったほうが吉という経営判断である。

 

それよりも、

 

資金的・人的リソースがない

 

これまで私のマンパワーだけで何とかやってきたが、やっぱりアパレル素人なのでこれ以上どうしたらいいのかわからねぇww

戦略と戦術は違う。

中長期的な目標や方向性、ブランドの強みやリソースをどう活かしていくのか戦略はある!はず(笑)

しかし、その戦略を実行するための具体的なアクションができない無能です。

例えば日本橋高島屋ポップアップストアの話がきたが私1人じゃどうすることもできねぇww

すべての戦術は戦略に基づく。ひとつの戦略があってもその戦術が実行できないし金もない。

 

そして致命的なのは、

 

服づくりが楽しくない(笑)

 

ファッションまじで興味ないので服つくるのめんどくさいんだわこれがww

基本は外注!こんな感じで作ってちょ!ってお願いするけど、出来上がるまでのやり取りが大変。何度OEM会社に丸投げしようと思ったことか。

Tシャツの次はそれに合うZIPパーカーかなって作ってみたけどもうこれ以上の新商品企画ができない。服の知識もないのでどんな服つくったらいいかもわからない。

せいぜいTheoryあたりをパクって安く売るぐらいしか能がないんじゃないか。これぞアパレルのお家芸ってかw

 

 

だから当ブランドを買収してもらって運営を変わってほしい。そして私はブランドPRする広告塔!ただのピエロでいい。

報酬も受け取らない。というか今まで報酬ゼロでやってきました決算書みてください。だから貯金が底をつきそうw

しばらくヘアサロン事業で食っていくのでアパレル事業は株だけ握りしめてますw

 

超希望としては、バロックジャパンリミテッドを買収した香港系投資ファンドCLSAキャピタルパートナーズみたいなとこに買収されたい(・∀・)w

提携スタート時に売上約300億円だったものが、5年で2倍以上になり、店舗数100店を、海外29店含め360店舗まで拡大したという事例。

コストカットなどして利益を出すのではなく、共に成長したい。一緒にアパレル経営を考えてほしい。

 

現段階での当ブランドの強みと特徴は、

Tシャツオーダーサービス

縫製の街という生産背景」だ。

これはオーダーサービス“ZOZO”を越える逸材!と高島屋バイヤーから太鼓判を押されましたw

直近だと4月に日本橋高島屋POPUPするか悩んでいるのと、今夏!都内某百貨店内でオーダーサービス9o'clockの常設店舗が始まります。これはプレスリリースを待てw

それからLUMINEニューヨークのショップにも販路がまだあります。

 

投資ファンドとは言わずとも、大小問わずアパレル企業または個人の方。なんか面白くできそうじゃねぇか!という方がおられたらご連絡ください。コンサルとかではなくM&A案件です。

今こそファショニスタさんやモノ作りさん、洋服が大好きなアパレルの方のプロフェッショナルなお力が必要なのです。

 

そういえば以前、アパレル業界に巣くう3種類の面倒くさい人達と揶揄してしまって、誠にすいまめん(>_<)

 

www.katorimasahiro.jp