香取正博のブログ

ナインオクロックは無地Tシャツブランド!オーダーメイドTシャツ簡単カスタマイズできます。 東京から岩手に愛犬と移住して起業。

香取 正博のブログ

東北アパレル流通戦略。四位一体となる構造改革だ!←小泉純一郎風w

先日ご紹介した新サービスをどのように普及させるか?

 

 


 

ただWebサイトオープンしても大衆化は難しいでしょう。

そこで「東北アパレル流通戦略」を実施します!

 

 

1年半ほどブランドを運営してきて、アパレル繊維産業の非効率な流通構造と問題点が垣間見れました。

これらを解決するため、川上から川下、消費者を4つのカテゴリーに分けてそれぞれに役割とテーマを決めました。

 

 

f:id:katorimasahiro:20171205004120p:plain

 

詳しくはこちら

ブランド「ZOZO」の詳細発表前に、僕のビジネスプランを発表しておく

 

 

まず「東北アパレル流通戦略」を実施するためにやらねばならない事があります。

それは、

縫製工場、ブランド、小売店、消費者の、

四位一体となる構造改革だ!

↑小泉元首相風w

 

 

これまで繊維アパレル業界は、分業制をとりながらリスク分散をしてきました。しかしグローバル化やデフレ不況などの経済の変遷から全ての人達が疲弊しました。

縫製工場は工賃を安く叩かれ、アパレル会社(ブランド)はコスト削減に躍起になり、小売店は過剰在庫などに悩まされ、消費者は廻り回って賃金が下がりました。

縫製工場とアパレル会社(ブランド)は対立し、ブランドと小売店は売上不振、消費者は安さを追い求め、リスクの押し付け合いをしてきました。

いまだに変化のない古い構造のままでは繊維アパレルはオワコンとなってしまうので古いアパレルをぶっ壊す!四位一体となる構造改革が必要なのです。

 

しかしもう既に準備OKです。

 

f:id:katorimasahiro:20171222010833p:plain

 

縫製工場 :ブランドは、縫製の街・久慈と9o'clockがあります。

ブランド:小売店は、もともと取引先同士という関係性があります。

小売店:消費者は、もともと顧客という関係性があります。

消費者:縫製工場は、同じ地域という関係性があります。

 

 

これらの関係性をつくるために私は縫製の街に移住してブランドを立ち上げました。

この1年間、ブランド認知向上のためみっちりとプロモーションをしてきました。

あとは「ツール」と「やり方」だけです。

すなわち、受注生産を前提としたTシャツカスタマイズサービスです。

これを東北アパレル流通戦略で回していきます。

 

 

受注生産×超短納期は究極の理想型であり小売店にリスクはほぼありません。

Tシャツカスタマイズサービスは、アパレルショップ・セレクトショップを起点とします。

 

・ショールーミング(見る、触る、品定め)

・フィッティング(試着、採寸、相談)

 

これらをプロのアパレル販売員にお任せし、消費者のニーズを引き出し、その場でスマホで当サービスに発注していただきます。お客様の発注ミスと失敗リスクが限りなく減るでしょう。

セレクトショップのお客様はファッション感度が高く、ユニクロ満足層も少なく、こだわりも強いことからファーストターゲットと考えています。

これまでTシャツ・カットソーなどの消耗衣料品はファストファッションに押されていましたが、当サービスを利用することで消耗衣料品を在庫持たず、リスクのない形で商品化できます。

そして売上の25%を還元致します。

常連のお客様に、あらゆる形のTシャツ・カットソーを独自にカスタマイズしどんどんご提案差し上げてください。一緒につくるなんてとても楽しいはずです。

アパレルショップをオムニチャネル化し、岩手全域から東北地方へ、2018年6月までに100店舗の提携パートナーを目指します。

 

 

f:id:katorimasahiro:20171221083154j:plain

 

 

ブランドZOZOをはじめ、今後は短納期カスタマイズサービスが普及していくでしょう。

 

しかし、 

1週間かけて海外から届くTシャツと

たった2日で馴染みある地域から届くTシャツ

どちらから買いたいでしょうか?

 

もちろん使途、目的、価値観はそれぞれでしょう。

しかし岩手、東北地方での四位一体となる関係性は、揺るぎないブランド価値になると私は確信しています。

 

また、交流人口や関係人口といった価値観を共有できる人達が首都圏にたくさんおられます。こちらにはルミネ新宿を起点に遠隔戦を仕掛け、我、敵軍ニ総攻撃ヲ実施ス!

 

 

f:id:katorimasahiro:20171221082838j:plain

 

 

現在、ルミネさんに提案中www

堀内さん。企画を通して共に出世しましょう(・∀・)w

 

これは2年前から提唱している9オクロックハンド作戦です。

仮想敵国ユニクロ軍の領土(シェア)を奪うために考案したのですが、現在ではここにゾゾ軍が参入してくるので激動の戦国時代となりそうですw

 

 

さて、 当サービスの利益構造ですが、

生地商→縫製工場→ブランド→小売

4社ともに等分された利益配分を試算してます。

つまり生地代25%、縫製賃25%、ブランド25%、小売店25%ということです(生地量、生産量により変動あり)

ここも四位一体の構造改革なのですが将来は一貫体制をつくる予定です。

 

このあたりの「フェアサプライチェーン」が他社との優位性としてプロモーションできるのです。

だから自分からエシカルだとかサステナビリティだとか言う必要もなく、これにより強固なナショナルブランドが出来上がっていくはずなのです。

 

お涙頂戴のでっち上げたような物語をつくり、産地振興や地域活性を声高に訴えなくても、東北アパレル流通戦略がうまく回れば勝手に地域や産業に寄与しちゃうのです。

それがナインオクロック株式会社の企業理念なのです。エンジェル投資家さん、出資などお待ちしておりますw

 

来年は岩手県全域と、東北地方を周遊しながら提携パートナーを探し、当サービスをご提案に伺いたいと思います。

もし皆さんがよく行くアパレルショップがあったら是非ご紹介いただけると嬉しいです。あなたの理想のTシャツをつくります。