9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

田舎でヤりたい!久慈でやりたい!ゆるっと5つの事業を考案してみた

 

批判を恐れず敢えていうが岩手県久慈市は紛れもない田舎である。

そんな田舎に引っ越した私であるが、田舎感にはだいぶ慣れてきたので、うわー!まじいなかだぜー!とはあまり思わなくなった。

 

しかしながら田舎といえばやはり行く場所もあまりなければ特にやる事もない。なので移住して思った!もしも私が時間と資金に余裕があるのなら色んな事をどんどんやってみたいなと!

 

そこで私が考案した5つの事業をここに記しておく。

 

私はいまはナインオクロック(株)に全力Lしてるので、考案したものは完全に投げっぱなしジャーマンなのであしからず

 

 

リノベーションがしたい

 

なんか市内には長年使ってないテナントや建物がたくさん散見される。事情はよくわからんがどうせ使わないんだったらおいら達に自由に使わせておくれ!って思う。

例えば長内町にあるこの建物なにw駐車場も広いし何か使えそうな気がしてる。非常に勿体ない!このまま廃墟するだけならおいら達に鍵をよこしなw

 

 

 

そうなればアイデアなんかバンバン出てくる。

しかしリスクはあまり取りたくねぇw本業もあるからな!

あまい!賃料を払え!ともなりそうだが、田舎のくせに賃料だけは高けーんだよwいやもちろん収益化してきちんと払いたい。しかし最初はハイリスクローリターンの可能性大wローリスクこそ田舎の特権のはずじゃまいか!?どこかリノベーションやらせておくれ!ヒトならすぐに集まるんだから。

 

 

ドッグランをつくりたい

 

私は犬を飼っているのだが、久慈にはドッグランがない!

私はずっと新宿に住んでいたので愛犬のぼー太郎さんを連れて代々木公園のドッグランによく行っていた。

 

 

f:id:katorimasahiro:20170130173014j:plain

 

 

それが唯一の趣味だったんだ。昼間から缶ビールを飲みながら犬の散歩が休日の過ごし方だった。ドッグカフェに行ってランチするのが楽しみだった。

都内の数少ない自然にドッグランがあったのに、なぜ広大な自然が余りに余っている田舎にはドッグランがないんだ!

 

ほれ!ここの久慈川の河川敷!めちゃめちゃ広いやんけ!

 

 

 

 

ここにドッグランをつくりたい!

午前中はMYY'S Coffee Worksさんあたりに出店してもらおうw

夕方からは毎日がビアガーデン!日替わりで飲食店に出店してもらおう!

 

ペット連れて楽しそうだよ!猫カフェとキッズコーナーの常設もいいね!

 

過去に「市長への手紙」コーナーで意見があったみたい

 


これによると、

 

ドッグランの設置を希望する人が集まり、ボランティアで自ら運営・管理を行って、台風など洪水の際には柵を取り外すなどの対応ができれば、久慈川河川敷にも設置できる環境が整ってくる

 

 

ということなので年会費制にすれば運営できそうな気もしている。まずはクラウドファンディングで賛同者を募ってもおもしろいかも!?ならプロジェクト実行者は我らがぼー太郎さんが請け負うワン🐶

犬好きだったらドッグランのために市外からもけっこう集まると思う。

 

 

久慈パブストリートをつくりたい!

 

2年前に行ったカンボジアのシェムリアップにある繁華街パブストリート。

 

f:id:katorimasahiro:20170130183538j:plain

 

商店街をホコ天にして久慈の飲食店が毎晩露店をオープン!

海鮮の浜焼きと日本酒と音楽ガンガンで夏限定パブストリート計画!

寿司や焼き鳥、何だっていい。

これはおもしろい。観光客もたくさん集まることでしょう!

 

 

認知症カフェをオープンさせたい

 

認知症カフェとは?

認知症の人やその家族、各専門家や地域住民が集う場として、お互いに交流をしたり情報交換をしたりすることを目的としたカフェ。

認知症の人がスタッフとしてコーヒーや軽食をふるまったり、自身の存在意義を確認するという役割もあったり、誰もがゆっくり過ごせる場所として近年急増中という。

 

 

詳しくはこちら

sumartnavi.com

 

しかしネックは人材難、資金難らしい。

厚生省が音頭をとって補助金等も出ているがなかなか運営するのが大変だという。

 

このあたりは例えば美容院だったりドッグカフェだったり複合的にうまくやればいけそうな気もしてる。だから前述したとおりハコが余ってるんならしばらく無償で貸してくれよ!地元の篤志家さんよ!

 

とはいえ、「認知症カフェ」というネーミングセンスが悪すぎw

女性に「ちょっくら認知症カフェに行ってくるわ!」なんていわせるなw

認知症カフェと看板掲げてたら出入りしずらいだろがw

 

 

そ こ で!

 

 

「バァるずBAR」をグランドOPEN!

 

拙者はガールズバーが大好きなのだが、久慈にはガールズバーがない!

なにせ田舎は過疎化している超高齢化社会。街にはBBAに溢れ、若い女性は希少性の高い存在であるといえる!

 

そこで「ガールズバー」ならぬ「バァるずバー」をオープン!

グランドマザーがグランドオープン!

 

ばぁちゃん達が運営する24時間体制のカフェ&バー!

 

フードメニューはばぁちゃんの畑で獲れた持ち寄りの食材などを使用。昨晩の残りだっていい。消費者は我々現役世代!あたしゃらもまだまだ現役よ!そんな会話が繰り広げられるバァるずバー。

昔はイイ女だったのよ。当時Eカップもあった高度経済成長期時代。時は過ぎ去り平成の世!成熟した社会により今では干しブドウと化したのが本日のデザート。

 

時間帯により老若男女が集まる場ともなり得る。

 

 

 

もしも私が本事業で大儲けできたら色んなことにガンガンチャレンジしたいところだがあいにく今はそんな時間的資金的余裕もない。

 

なので投げっぱなしジャーマンで恐縮だが、この他にもゆるっとやりたいものがあるのならばぜひ意見交換もかねて今度話し合っても面白いかなと考えている。

 

それでは今日はこのへんで!