9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

美人記者を逆取材をしようと思いランチに誘ってみたけど断られた件

 

今日はとある新聞社から取材を受けた。読売新聞毎日新聞と続き、当方にとっては大変に有難いお話である。

 

新聞各社の支局は大体は盛岡にある。なので遠路はるばる久慈へお越しくださることが多いわけだが、いつも取材場所に悩んでいる。

というのもナインオクロック株式会社は事務所兼自宅。いやもうほとんど自宅といってもいい、なぜならば通販だから梱包・発送するだけだしまだ物量も多くないからだ。

 

なので移住・起業!アパレル!のようなそれっぽい写真など撮る場所もないのである。ともなればカフェしかないのだが、久慈にはスタバのようなカフェが無い。これしかしどうしたらいいのだろうか、

 

と悩んでいたが最近、ビアンコマイアーレというカフェができたのでそこに行くことが多い。もしも貴女とティータイムをするならぜひともそこのエスプレッソをご馳走したい。

 

そんな今日の取材記者は女性であった。

まぁそんなことは特に関係はないのだが、いつも通り場所はビアンコマイアーレを指定した。

 

ところが不覚にも水曜日は定休日だったのだ。またやってしまったよ…いつも詰めが甘くヘタをこいてしまう。ダサい男と思われただろうか、

 

いや本当は先週の約束だったのだが、東北地方の地震により緊急取材が入ったようで当方の取材日が今日になってしまったのだ。

 

まぁ言い訳をしている場合ではない。すぐさま他の喫茶店をチョイスするためグーグル先生に聞くことにした。段取りの良さは高ポイントとなったはずだ。

そしてさすがはグーグル先生だ。NHK連続ドラマ「あまちゃん」で有名となった喫茶店モカがヒットした。

 

しかしながら喫茶店モカまでも定休日、当方を裏切りやがった。

 

「下調べしておけよ!」

そう思う女性諸君も多いことだろう。

 

久慈にはもうカフェがない。

あまりモタモタしているとダサい男と思われるので苦渋の決断であったが、致し方なくガスト久慈支店に行くことになってしまった。

 

いや何もガスト久慈支店を否定しているわけではない。当方だってガスト久慈支店に行くこともある、ただ女性を一発目にガストに連れていくセンスは持ち合わせていないだけである。

 

せめて東京であれば…

無難なカフェが供給過剰なので失敗することもそんなにない。パンケーキ食わせとけば誰もが簡単に及第点を獲得できる。

 

しかしながらちょっと待ってほしい。

冷静に考えてみると女性とお茶をするのが目的ではなく、女性記者から当方が取材を受けることが目的であったはずだ。

一体何を馬鹿なことを考えていたというのだ。

 

しかしながら、たまたまであるのだがその女性記者は美人であった。

 

私はこう見えて意外と美人に弱い。

それに久慈に移住してからというもの、女性と話す機会が激減し、とくに若い女性と話すことは皆無に等しい。

久慈は車移動がメインなので若い女性を見かけることなんてドラクエでいえばはぐれメタルの出現率と同じくらいである。

ついでにはぐれメタルは逃げ足も早い。だからお茶に誘われガストに連れて行かれたら逃げるように駆け足で帰る女性諸君も多いことだろう。

ガストのフレッシュいちごパフェを薦めてみたが断られたよ、

 

まぁそんなことはお構いなしに淡々と1時間半ほど取材を受けた。馬鹿なことを考えているのはいつも我々男達だけである。

 

無事に取材が終わったのだが、美人記者はナインオクロックのTシャツを個人購入したいといってくれた。

もうそうなれば当方も冷静になっているので、Tシャツを取りに帰るから近くで待ってくれとお伝えした。

しかし待ち合わせ場所はローソンである。

 

東京であれば、池袋イケフクロウ前や、新宿アルタ前、渋谷ハチ公前だったのだが、久慈ではローソンの大駐車場である。

しかも当方の中古車MRワゴンはイケてない。

 

そんな中でもTシャツをお渡し、もう帰るんですか?ランチどうですか?と言ってみろ。

 

今日これまでの段取りからしてどうせ牛丼屋あたりに連れて行かれるだろうと容易に想像がつく。

 

美人記者はミハエル・シューマッハもびっくりアクセル全開で久慈をあとにしたことは言うまでもない。

 

 

いったいどんな記事に仕上がるのか少々不安である。

 

 

そして私の岩手での嫁探しはまだまだ続く…