読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

あの、くじTは一体いつ頃届くのか?クラファン終了後の近況報告

 

こんにちわ、カトリーヌです。

 

クラファン終了後のご報告をいたします。

 

 

クラファンサイトにも同様の内容を記載しました。

 


 

報告が遅くなってしまい申し訳ございません。

現在の進捗状況は、縫製工場へ生地を送り、出来上がった型紙・パターンをもとに裁断にとりかかっている最中であります!

 

これまでの制作スケジュールをお伝えいたします!


10月31日にクラウドファンディングが無事終了し、

11月第一週は250名以上、500枚以上の集計をしていました。

 

記入漏れやご変更、再確認、間違いのないように3回集計したので結構大変でしたw



それと同時に、パタンナーと相談をしながら企画をしており、現行のナインオクロックのTシャツをベースに数値的?な部分を何度か修正し、

11月第二週目に型紙・パターンの制作をしていました。
この時、生地の発注も完了済みです。


11月第三週目、先週の半ばに生地が届き先週末から裁断にとりかかっております。


今回のプロジェクトのTシャツですが、


サイズ × 色 × 丸首とV × ネック3段階


ということもあり、504種類のTシャツがつくれます!


同じTシャツでもそれぞれ微妙に違うだけでこんなに多くなるのですね。

だからTシャツ屋さんといっても多くのサイズや色を揃えるだけで在庫負担半端ないんですねwしかもどれが売れやすいかもわからなかったので、だから私は当初は5サイズ4カラー展開のスタートとしました。

おかげさまで今回のプロジェクトでなにが人気の色・型であるかとても参考になりました。このあたりも近く公開していきたいと思います。

 


今回の受注では作らない型もありますが、それでもたくさん作らなければなりません。種類によっては1枚だけというTシャツもあったり、オーダーメイドに近いともいえます。だからまずは裁断するのが大変となってしまいます。


本来、工場とは一定の量産を前提としているので同型500枚だったらスムーズに生産ラインにのることができそうですが、こまごまとした500枚は量産においてはとても生産的ではないんです。

なので縫製においても、色が違うだけで糸を交換しなければなりませんし、なにより他社の製造中のものも進行形なので、針の種類なども変えなければならず、500枚を発注してもすぐに出来上がるものでもありません。

それに工場からしてみてもTシャツ500枚は小ロットとなります(>_<)
コスト増は仕方ないのですが通常より日数がかかってしまいそうです。


今回だけの特別企画ということで無理をお願いしてしまいました(笑)


工場長が、「香取さんのためなら」とおっしゃってくれましたが、本当に感謝でございます。


ということもあり、


みなさまに くじT をお届けできるのはおそらく12月10日前後となりそうです。

これは当初よりお届けは「11~12月頃」と記載していたのですが、改めてお伝えさせていただきます。ご理解いただけると幸いでございます。


それでは引き続きよろしくお願いいたします!

あと密かにTシャツ犬のステッカーが好評ですw

現在制作中!

 

f:id:katorimasahiro:20161125144615j:plain

 

 

それではお楽しみに!