読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

初のポップアップストア!ナイクロのTシャツを能年玲奈氏に渡してみた

ナイクロ

 

こんにちわ、ナインオクロックの店主カトリです。

先日の土日2日間、ナインオクロックのポップアップストアをオープンさせた。

 
f:id:katorimasahiro:20161023160500j:image

 

右手にはロンTモデルのナインオクロックさん、そして店番を任せられたぼー太郎さん。

 

ポップアップストアといっても久慈の産業まつりの出店である。ということもありアパレルブランドは9o'clockのみであったため、会場では1番スタイリッシュで1番高級感溢れんばかりの異様な雰囲気であったことは間違いないだろう。

 

また日曜日には、じぇじぇじぇでお馴染みの能年玲奈氏が来るという情報をキャッチしたため、乗るしかない、このビッグウェーブに!ということでTシャツを渡してみようと企てた。


f:id:katorimasahiro:20161024104023j:image

 

このPOPを作成したが貼る勇気がなく断念した。またナインオクロックさんも攻めの姿勢で逝こうと考えたが断念した。

 

f:id:katorimasahiro:20161024110456j:plain

 

お客さんが実際にマネキンを触ったり見たり、私が一緒に解説することも多かったのでさすがにナインオクロックさんがこんな格好じゃ周りから見れば一体何について談義しているのかと思われてしまうだろう。

お客さんの気持ちになれば正装で参加させることは至極当然である。いやむしろ正装はTシャツネクタイなのだが…

 

冗談はさておき、開始1時間超で10枚ほどの売れ行きであった。しかし後半は伸び悩み、初日は15枚の販売、そして2日目は8枚で計23枚の販売で終了した。

 

基本的に私は売り込みや呼び込みが好きではなく、さらに小売をした経験がないのであまり率先して販売できなかった。

通りすがりの人も見る人は見るし、スルーする人はスルーする。だから立ち止まる人にだけちょっとした会話をする程度であった。

 

立ち止まってくれた方は、何となくでもナインオクロックを知ってくれてる方は多かった。Facebookみましたとか、ブログみてますとか、クラウドファンディング支援しましたとか10名以上には言われることがあった。

また、久慈広報や岩手日報を見て覚えていてくれた方もいた。それらはとても有難い事だと思ったが、やはり自ら発信していく大切さを改めて感じたのであった。

 

とはいえ、購入するという行動はまた別の話である。うまく接客などでもっと伝えることができたのかもしれない。

また価格においても、無地Tシャツにしては高いというような印象も結構多かった気がした。このあたりも含め商品のデザイン、クオリティなども改良の余地もあるかもしれないだろう。

 

しかしながら今回においては、服を見たり買おうという人が集まる場ではないということもいえるし、タコ焼きが400円、田楽が120円で売ってる中では無地Tシャツ3780円は高いと思ってしまわないだろうか。

その中でも少しでも興味を持ってくれた方々、購入してくれた方々、本当にありがとうございました。

 

それから能年玲奈氏、別名「のん」が会場に現れた。久慈にもこんなに人がいたのかと思うほど人が集まっていた。

イベント終了後、会場を一周するかもと情報をキャッチしていたので事前にTシャツを梱包し軽く手紙を入れておいた。久慈は縫製の街なんだと、くじTブランドをつくったのでぜひ着てほしいといった簡単な内容である。

 

そしてのんさんがナインオクロックの前も通ったのでTシャツを渡してみた。もちろん本人にはダメだと言われたのでマネージャーのような男性が渡すだけならということで間接的に渡すことに成功した。

まぁご本人が開封したかどうかまではわからないが、試みとしてはなかなか面白いのではないだろうか。

 

今回は初の手売りということもありとても良い経験ができた。こういったポップアップストアは今後はたくさんやれるように頑張りたいと思う。いずれは新宿伊勢丹あたりでw