9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

【要人発言】アパレル市場は極めて飽和状態だが、ロンT投入の観測で4週間ぶりに高値

 

どうも。アナリストの香取です。

先週発表されたナインオクロック(株)の新商品における情勢をお伝えしたい。ちなみにだが、勘違いしている人もいるが穴リストではない。

 

さて、待望のロンT投入ということもありマーケットには期待感が高まっており、当日から買い戻しが優勢となるだろうと市場の予想通りという見方が多かった。

しかし一方で、懸念材料としてはクラウドファンディングが伸び悩んでいることがあげられる。クラウドファンディング中では半袖Tシャツはオンラインストアでは売れにくいということもあり積極的な買いは手控えられやすいともいえる。

 

ナイクロがスタートして4ヶ月間の業績は以下の通り

f:id:katorimasahiro:20161018145043j:plain

ロンT投入というリークが8月末に入り、期待で上がる形となったが、発売延期という事実で下げる形となった。しかし直前の9月は底を付けたといえ、相場全体の大きな流れとしてはまだまだアップトレンドといえる。

 

先月から底堅い動きとなっていたが、美脚を滑り落ち暴落するのか、または美脚を高らかに上げ暴騰するのか、ロンTの結果次第で今後の見通しが大きく変わりそうだ。

 

f:id:katorimasahiro:20161018133014g:plain

 

期待以上のサプライズはあるのか?

本日のナインオクロックの要人発言が注目される。

 

【要人発言】

「アパレル市場は極めて飽和状態」

「基調としては緩やかな回復。しかし中長期的な生産管理が課題」

「急激なアップダウンは最も避けなければならないが、縫製工場は久慈地域で3社と提携可能に」

「来年春の新商品にはまだ言及しないが、久慈でパタンナーが見つかる」

「ロンT投入後は6日間で約150枚の実需」

 

要人のタカ派発言で一時急騰。ロンT投入の観測で約4週間ぶりに高値をつけた。

 

6月のニューオープンの時とは違い、久慈と盛岡のセレクトショップの卸売が早期の実需となった。今後は注視しなければならないがまずまずといったところだろうか。実店舗販売の売れ行きに期待したい。またすぐ人気色が売り切れちゃうよw

 

しかしながらこれまでの経緯からすると少しづつ落ち着いた相場となってきやすい。またサイトリニューアルも遅れておりネット広告もまだ出すことが出来ないことから新規買いが少ないのが懸念されるところである。

 

長袖Tシャツの価格は3,990円(税別)

丸首とVネックの2型

サイズはWS、WMのレディース S、M、Lのユニセックスの5サイズ

色は、白、ライトグレー、杢グレー、黒の4種類

半袖との違いは長袖だけです。

 

これから一番良い形としては、クラウドファンディングを成功に収め、色、形、サイズ展開を広げ、長袖Tシャツにも拡大させることだろう。しかし相場は生き物。買えば下がり売れば上がる。常に想定通りにはいかず、臨機応変に対応しながら試行錯誤を繰り返していく他ない。

 

ただ売上、業績云々もそうだが、なによりお客さまを第一に考えなければならないだろう。いつも応援ありがとうございます。がんばりますよ