9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

ユニクロを越えるのはナイクロしかない!9o'clockのブランドイメージ・コンセプトを共有したい

どうもナインオクロック株式会社

代表取締役社長の香取です。

  

9o'clockのコンセプト、ブランドイメージを共有したいと思う。

 

というのも久慈で9o'clockを立ち上げた私であるが、ナインオクロックにはブランド創設者の強烈な思想とかセンスとかは要らないと考えている。

 

そもそもファッションに疎い私にはファッションに対し思想とかセンスとかを持ち合わせていないwだから自然と大衆的に育っていくようなそんなブランドをイメージしている。

 

まだTシャツしか無いけど、これから少しずつアイテムを増やしていきたい。

 

誰もが着れるようなベーシック、

それをもっとシンプルに、

さらにスタイリッシュに、

  

誰もが着れるベーシックならすでにユニクロなどがあるだろう。ではなぜナイクロを買う理由があるのか、

 

久慈(日本)での生産者がいて、その生産者と比較的繋がりがある久慈地域だが、生産した衣料品が購入できる環境が少ないことによる消費者とのミスマッチ。

ミスマッチというのは誰もが買いやすく、着やすい国産ベーシックブランドがあまり無いからだと考えている。つまり選択肢すらなかった?

 

そこで久慈地域、岩手県内からまずは愛されるようなブランドを作っていきたいなと、

 

そして誰もが着れるように持っていても被っていても恥ずかしくないように、シンプルに無地でやっていきたい。

 

基本的に洋服は被ったら恥ずかしいといわれ、かつてユニバレやユニ被りと揶揄された時代もあったが、これをユニクロが打破してくれた。

みんなでくじT着ようじゃないかwだって今日もみんなユニクロを着ているでしょう?みんなが着ていてくれたら生産者もきっと嬉しいだろう。そんな事を考えています。 

 

さらにこのベーシックをよりスタイリッシュにしたい。というのも近年のファストファッションブームにより低価格で大衆にシンプルなオシャレが普及した。

それにより「超絶ダサい人」が少なくなったと考え、これはユニクロなどの功績ともいえないだろうか。

 

そこでナイクロはさらにそれを底上げしたい。欧米人に対し劣等感を抱く日本人も少なくないが、日本人らしさを追求したシンプルで、スタイリッシュなベーシックブランドが9o'clock!

 

これって本来であれば服飾アパレル専門の使命ともいえないだろうか、何もファッショナブルにすることだけが目的ではなく、衣食住の「衣」を豊かにすること。

 

この豊かさというのは、ファッションを通した見た目はもちろん、楽しさや心の豊かさ、

もうひとつは繊維アパレル産業を通した経済的な豊かさなど広義的な意味である。

 

しかしながら前者と後者は少し乖離しているのではないかと。そこで後者はナインオクロック株式会社の理念といつかしたい。

 

 

しかし私はTシャツやロンTぐらいしか企画ができないから、9o'clockのコンセプトやブランドイメージに共鳴してくれる人たちを増やしていきたい。そしてどんどん商品を企画し、作ってほしいなと、 

 

誰もが着れるようなベーシック、

それをもっとシンプルに、

さらにスタイリッシュに、

  

超わかりやすく言えば、

「ユニクロ」と「MUJI」と「theory」が合体したブランドw

 

 

f:id:katorimasahiro:20160808121910p:plain

 

 

ユニクロよりもベーシックを、MUJIよりもシンプル無地に、theoryのようにスタイリッシュに、それを国産で中価格帯でやる。

 

そしてユニクロのようなSPAを国内でやる。

それをまずは久慈から始めたい。

まだまだその先はあるけどとりあえずここまでを共有したい。

 

 

今後20年もユニクロが国内で独走していると思う?

こう考えるとユニクロを越えるのはナイクロしかないでしょうw

 

わくわくするでしょう?w

まだそんなTシャツ売れてないけどさw

共にファースリテイリングを越えるアパレル会社をつくらないか?

 

 

乗るしかない!このビッグウェーブに!