読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

パソコン一台で日本を回遊しているけど、顧客の顔が見えないから不思議な感じ

ブログ 通信販売
Share



カラーミーショップ大賞2017にノミネートされました!

応援お願いいたしますm(__)m






↑ 画像をクリックするとすぐにポチっとできますのでどうかよろしくお願いいたします。1日1回できます!

ぜひご協力してくださいませ(>_<)





どうも衣料品通信販売業者の香取です。

 
 
今日も通信販売をしています。そう、通信で販売をしているのです。
 
 
以前は美容師をやっていたこともあったが、当時は立ち仕事であり、毎日違う人と会い、色んな人と話をしていた。
 
しかし現在では部屋で一人、パソコン一台で日本を回遊している通信販売業者となり、全く違う事業をおこなっている。
 
まだまだECサイトとしてやれることが多いから、意外とまだ落ち着いていない。しかし中々楽しい、私はデスクワークのほうが好きだ。それに基本的に一人が好きなので性に合っているのかもしれない。
 

 

f:id:katorimasahiro:20160529164959j:plain

 
 
こんな状態で売上高がゼロの日があったら泣きそうになるよ、果たして精神は持つのだろうか。
 
しかしながら昨夜から受注もいただけ今日も発送業務があった。そして明日発送分の受注もあるから、今のところ受注ゼロ売上高ゼロの日はない。
 
おかげさまであります!感謝申し上げるでござるʅ( 🔘౪🔘 ) ʃ
 
いつかくる、売上高ゼロの日が・・・、ある意味ブログのネタとなるので楽しみにしておいてくれw
 
 
たださ、通信販売ってスマホ一台でサクッと買えるし、誰とも話さず億劫さもなく購入者としては便利なんだけどさ、販売者からするとやはり購入者の顔が見えないというのはまだ違和感がある。
 
 
仮に飛ぶように売れたとすると、勝手に受注がどんどん入り、事務作業から梱包・発送・メール送信。それだけでチャリンチャリンとお金がデジタルに増えていくことになるわけだ。
 
こちらがどんなに最高の感謝をしていたとしても、購入者には伝わらないだろう。
 
 
そこで何かしらのアクションができるのであれば、こちらは何かしらをするべきなのではないかと考えてしまったよ。
 
そのツールのひとつとしてこのブログもあるわけだが、購入者の顔が見えない分せめてFacebookなどでこちらの顔は出していくべきなのではないかと思った。
 
 
それこそ前職では、施術が終わると、手渡しで現金をいただき、最後に笑顔で御礼をいってお辞儀をするわけだ。
 
 
それが通販だと無いわけだからこちらとしてはどう感謝の表現をしたらよいのか?
 
 
例えばお礼メールか?しかしメールなんてうざいとしか思えないし、読んだとしてもテンプレ文だしほんとに思ってないだろ!と考えてしまうだろう。
 
 
では手書きの手紙か?それもひとつとしてアリなのだろう。
 
 
しかしアスペよりのおいらからすると、通販という人と接しなくて済む合理さもウリのひとつではないか!とも考えてしまうわけだ。
 
そっと買いたい時もあるわけだ。コレ買ってくれたんだね~とわざわざ言われても、お、おぅ。となる事もないかなw
 
Mがほしいのに貴方はLのほうがいいよ!なんて通信販売者に勧められたらうざいだろうw
 
セルフガソリンスタンドが流行っている現代である。スーパーのセルフレジも私は好きだ。
 
 
リアルでもデジタルでも、ほっといてほしい人もいるだろう。聞きたくなきゃ聞かないし、聞きたきゃこっちが聞くよ、でも聞けないw
 
そう思う人も多いのではないか?だからメールはもちろん、TwitterとLINE@を試しに設置してみた!お気軽に問い合わせてね!
 
 
通信販売は顔が見えない、人が見えない。
 
なのでそういう意味もありECサイトには自分の写真と簡単なプロフィールも載せてみた。ナルシストだと思われてもいい、現にナルシストだしw
 
 
しかしこんなブログを書いている時にちょうどお客さんからナイクロに電話があった。支払い方法がエラーが出るといった件だ。
 
少しだけ世間話をしたが、南さんのブログを読んで買ってくれたと言っていた。それでぜひ香取さん頑張ってとおっしゃってくれた。意外と気さくで良い人だねと言われたよw
 
Tさんありがとうございました!
 
 
ちょっといい話だろう?やはり最後は人なんだよな~、電話って最近してないけど電話っていいね!
 
まだ暇だから電話も待ってますw何でも答えますぜw
 
 
通信販売だからこその、顧客とのちょうど良い心地よい距離感!これから模索していこうと思う。