読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 生産・販売を「縫製の街」である岩手県久慈市を拠点におこなっています。岩手に愛犬と移住しました。メディア掲載多数!あとデフレ脱却を熱望しています。

続々・ECサイト制作の契約白紙と返金要求の件

ブログ 起業
Share



カラーミーショップ大賞2017にノミネートされました!

応援お願いいたしますm(__)m






↑ 画像をクリックするとすぐにポチっとできますのでどうかよろしくお願いいたします。1日1回できます!

ぜひご協力してくださいませ(>_<)





以前の続きとなるが、嘘か本当か納品意思はあるようなので、後日改めて納期スケジュールを提示するというので返信を待っていた。

まぁ納品意思がないです、詐欺ろうとしてました、なんて思っていたとしてもわざわざ言うはずもない。

しかしながらこれまでの相手の対応は理解に苦しむ。素で全く悪気がない花畑か、ただの馬鹿かのどちらかと思わざるを得ない。

そのあたりは双方のやり取りをご覧いただき客観的にフェアに判断していただきたいが、以下転載したい。

 

----------------------------

 

香取さま

お世話になっております。
前日お話にありました、残り作業の日数の件でご連絡いたしました

下記の作業日数で進めさせて頂ければと思います。内容のご確認お願いいたします。


【制作内容】
・PC版デザイン(トップページ/カテゴリーページ/商品ページ
・EC-CUBE組み込み(SP/PC)


【必要な作業日数(平日換算)】
PC版デザイン提案 3営業日
SP版EC-CUBE組み込み作業 5営業日
PC版EC-CUBE組み込み作業 7営業日


契約書の取り交わし後、上記の作業日数で進めさせていただければと思います。
本来であれば上記の日数の2.5倍の時間はいただきますが、
最優先タスクとして複数名で取り掛かりますので上記日数で対応させていただき ます。

先にお話ししましたが、上記の日数に別途修正期間が含まれますが
ヒアリング済みということとSPデザインでイメージ等共有できておりますので、
1回目の提案でかなり近いところでの提案ができると思います。
レスポンスにも重点を置きスムーズに制作いたします。

※決済システムの導入は、サイト構築後になりますので上記の日数にはふくみま せん。
ですので、構築後に導入手続きを行い、カード決済審査が通るまではその他の決済方法でのオープンがベターですが、こちらのオープンタイミングはお任せいたします。

このような流れで提案させていただきますが、いかがでしょうか。

宜しくお願いいたします。

 

----------------------------

 

納品日は何月何日でしょうか?

 

----------------------------

 

香取さま

ご連絡ありがとうございます。
香取さんからの確認後の折り返しやその修正にかかる日数など、生ものの部分もあるので後ろに余裕を持たせてざっくりと以下のようなスケジュールになると思われます。

5月23日に契約書内容確認
5月27日に契約書取り交わし完了
5月30日制作取り掛かり

そこから制作自体にかかる日数が14営業日と、確認、修正依頼、修正対応期間を7日間見ておいて、6月27日納品といったところでしょうか。

契約書の取り交わし期間と香取さんの確認修正期間で2週間とあるので、予定ではもう少し短縮されると思います。

こちらとしては、契約上の納期を6月30日に設定いただきながら、完納を6月23日を狙って進めさせていただきたく思っております

 

----------------------------

 

〇〇さん
 
2度にもわたる納期遅れから、何度も納品日の確認をしてきましたが、今日やっと納品日を提示されました。
 
これまでの貴殿の説明からすると、3月23日から全く進んでいない状況とも考えられます。
 
現在の状況から他社に比較してもらったところ、納品まで20営業日以上もかからないという試算もあります。
 
3月23日からおよそ2カ月弱、貴殿は一体何をされていたのでしょう?
 
>本来であれば2.5倍の時間はいただきます
>最優先タスクとして複数名で取り掛かります
 
これらは当初の4月上旬の納期日を過ぎた時点で対応するべきではないでしょうか?
 
契約書がないことをよそに、とくに悪びれる様子もなく、かかる事態を想定しながらも業務受託、納品未了という事態を放置していた
といえる対応であることは明らかでしょう。
 
時系列に事実を証明、説明をしても明らかであり御社の責任問題といえます。
 
納品意思は確認できたとしても、技術、管理能力が無かったと御社自ら証明したともいえます。
 
御社の責任問題による当方の事業開始遅延は
事業に与える間接、直接的損害が発生している状態に変わりはありません。約2カ月遅れの6月23日の納品ではより損害が発生します。
 
よって、納品していただいたとしても間接、直接的損害賠償を御社に請求せざるを得ません。
 
このあたりは弁護士と相談しますが、前金の全額返金が双方にとって時間、労力を考えると一番スマートだと思いますがいかがでしょうか?
 
香取

 

----------------------------

香取さま

お世話になっております。
納期に関してですが、合間に行う動作確認等を対面でお打ち合わせさせていただくのと、こちらにリスクはありますが契約書の取り交わし前から作業に取り掛かかる事で納期を短縮する事ができます。

6月15日に最終納期として設定させてください。これが現実的な最短納期です。

また何度も繰り返しお伝えしておりますが、返金については一切お受けいたしておりません。理由は先に述べた通りです。

宜しくお願い致します。

 

----------------------------

 
当初から御社にリスクなどないでしょう。
納品未了の中、支払金の残高を請求してくる行為をしてくるほどです。
 
当初の4月上旬の納期日を過ぎた時点で対応するべきであり、全てが遅すぎました。現在でも誠意すら感じられません。
 
6月15日に最終納期であっても、当方の損害が約8日間軽減されたに過ぎないでしょう。
 
少しでも当方の損害が軽減されるように、また御社の賠償が少しでも軽減できるように、
早期に完納できるように最大限尽力されてください。
 
完納後、いずれにせよ御社の責任問題により、当方の事業開始遅延の間接、直接的損害賠償を御社に請求致します。
 
当事業の開始後を判断基準に、機会損失・損害賠償の範囲と深さは弁護士と相談します。
 
そこで内容証明郵便を送付したいのですが、御社の住所はこちらでお間違いないでしょうか?
 
東京都〇〇区〇〇〇×-×-×
 
というのも上記住所には、株式会社〇〇〇〇〇〇様という〇〇専門の通信販売の会社様が入居していることが電話にて確認できたため、御社にも確認を取りたいのですがいかがでしょうか?
 

----------------------------

 
香取さま
 
制作は進めるが返金請求もする。
香取さんの仰っている意味がわかりません。
返金請求を求めてくる相手に制作を続行するなどありえません。
 
まず、こちら提案の納期にて制作を進めるかどうかはっきり決めてもらえますか?
進めるのであれば契約書内には新たな納期を設定させていただきます。
 
返金要請を行うのは香取さんの納得行くよう進めてください。
その場合、制作は行いません。
こちらも弁護士に任せます。
 
二つに一つはっきり決めてほしいです。
 
会社住所は間違いありません。
〇〇〇〇〇〇〇で郵送物届きますのでご心配なく。
 

----------------------------

 
〇〇さん、
いまいち理解されていないようですね、
 
返金と損害賠償は別です。
 
整理すると、
 
・納品しても損害賠償は請求する
 
・全額返金すれば損害賠償請求はしない(契約白紙ということ)
 
ということです。 
 

また、 

全額返金すれば損害賠償請求はしない

というのはあくまで私の厚意であることをお忘れのないように、

いずれにしても不当な納期遅れは、事業開始遅延による損害が起きてしまっております。今後の御社の対応により請求する可能性もありますのでよろしくお願い致します。

香取

 

----------------------------

香取さま
 
このようなケース初めてなので、返答内容まとめ週明けに再度ご連絡させていただきます。

----------------------------

 

では御社の不当な納期遅れは常態化しているのか、それとも今回だけ不当な納期遅れとなったのかのどちらかということでしょう。

誠意をお見せください。

 

----------------------------

 
香取さま
 
承知いたしました。
こちらの都合で大変申し訳ございません。
週明けにこちらからご連絡させていただきますので折り返しまで今しばらくお待ちください。
 
失礼いたします。

 

----------------------------

 

ということであるw

返金を拒んでいるので、契約の履行を宣言しているわけだから完納したとしても、不当な納期遅れによる機会損失・損害賠償請求を弁護士に任せることにした。

全額返金をすれば私の厚意により賠償請求せず全て白紙にしよう。

 

どちらにしろ無駄な時間と労力をすでに使ってしまったが、もはやカネどうこうより何らかの制裁を与えるべきである。