9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

私がつくりたい服、提案したい衣料品は美しさ!

どうも香取です。

最近のブログでは服を作って売りたいと書いていたが、講釈を垂れるばかりでそもそも誰のために作りたいのかを伝えていませんでした。
 
私は工場のおっさんのために服を作るわけではないw工場のおっちゃん達と服を作りたいのです。
 
 
そしてそれは誰のために服をつくりたいかというともちろん消費者です。ただ私も生産者となるが消費者でもあります。消費者でもある私自身の悩みを解決したい、私自身も着たい衣料品を作って自信を持って提案したいと思っています。
 
 
以前にも書いたが、私は人一倍ダサいものが嫌いだ。かといってオシャレでもないが、オシャレじゃないからこそダサいのが死ぬほど嫌いなのです。
 

まだまだこの世にはダサいものがたくさん売っている。他の人からしたらダサくないかもしれないが、私からすれば衣料品に限らず全てのものはまだまだイカすデザインにすることができると考えています。

 
この私のダサさ判定は厳しいwなぜならば自分がダサくなりたくないからだ。もちろん私自身も不覚にもダサくなってしまう時もあるが、オンとオフ関係なしに常にダサい状態でいたくないのです。
 
 
仮にも長年美容師をやっていたので、普通の人よりは私は美意識が高いでしょう。パジャマでコンビニも行けないし、家の中でさえダサい服は着たくない。
 
 
だからいくらオフで誰とも会わないとはいえこんな恰好で家の中をウロウロしたくない。
 
 

f:id:katorimasahiro:20160322133847j:plain

 
いくらオンオフがあるからといっても、首や袖がヨレヨレになった服や毛玉がたまった服を家でも外でも着たくない。
 
古びた服は部屋着にするとも考えられるが、それでもダサくなりたくないし、ダサくならないためにも素材やサイズ感は大事でしょう?
   
 
ちなみに私の家の部屋着はこんな感じだ。 
 

f:id:katorimasahiro:20160322133709j:plain

 
家の中においてそこらのおっさんよりはマシだと思わないか?w誰を意識しているわけではないが、常にダサいのが嫌いなのである。部屋着とはいえ古びたダサい衣料品や中学のジャージ等は着たくない。
 
しかしこのスウェットでもまだまだ物足りない、なんか毛玉になるしいつかもっと素敵なものを自分で作りたいと思っている。
 
 
同じような服で同じようなスウェット生地でもダサさや素敵さがある。これは論理的に言葉で説明することができない。
  
さっきの例は極端であるが、これは一概に着る人や買う人の問題ではないと思っています。衣料品を売る人、提案する人の問題でもあると考えています。
 
 
そんな生活必需品としてのかっこいい衣料品を提案したい。この感覚や表現は元美容師の私にしかできないと思っている。
 
現にファッションを提案しているのに何かちょっとダサい人もたまにいるでしょう。そこはファッションセンスどうこうより美意識の差であると感じています。
 
 
しかしおっさん化してくると見た目はあまり気にしなくなるでしょう、女性でも日常が忙しくて服に興味が薄れてきたりするでしょう。
 
だったら安くて無難な服を買う人が多いということであるが、それにしてもその無難な衣料品が私からしたら少しダサいし生地も薄い。何より私自身が満足していないからもっと素敵なものを作りたい。
 
 
例えば無地のTシャツ1枚でも、なんか肌着っぽいダサいのもあれば、なんか1枚でも着れるものもあるでしょう?
 
しかし服はよくわからないし気にしない、無難なもので良いと考えてしまうのが多数派であると思っています。
 
超絶オシャレとまではいかないけど、ベーシックの衣料品をオンオフ関係なく常に美しくみんなに着てほしいから提案したい。
 
だから生地が薄くて乳首が透け透けのおじさんも常に美しくいてほしい。彼女や奥さんもパートナーが素敵なほうが良いでしょう? 
 
 
品定めやサイズ感、チョイスが上手い人、高所得者はとくに問題はないかもしれないが、私が一般消費者として満足するものはあまり売ってないと感じている。あったとしても無駄に高いしすぐに在庫がなくなってしまう。それを国産で永続的に売り続けたい。
 
  
「何か」かっこいいベーシックの国産衣料品、私にしか作れないと思っています。