9o'clock香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

直感的にフィーリングを感じることがある

どうも、ライク香取です。

 
 
突然だが私は、人と初めて会った瞬間、そして初めて話した感触などにより、直感的にこの人はなんだかLikeだな!と感じることがある。
 
私の独断と偏見だが、男性であっても女性であっても、これはLikeになりそうだとしか説明することができない。
 
もちろん全ての人に感じるわけではないし、ただ自然になんとも思わなかったりすることも多い。ごく稀にそう思うときがある程度だ。
 
 
そして反対に、なんだかLikeとなれなさそうだなーと独断と偏見で直感的に思うときもある。これはたとえ絶世の美女であったとしてもだ。

とくに人を選んでいるつもりはないのだが、これは直感で何となくそう感じるとしか説明ができない。
 
かといって他人にわざわざ直感的にあいつは好きになれそうもないぜ!とは言うはずもないwほんと一瞬感じるくらいだからだ。
 
もちろん後々にLikeとなり得ることはあるが、それはまた少し時間がかかる気もする。
 
 
この直感的フィーリングは一体なんなのだろうか?雰囲気や容姿、振る舞いなどによるかもしれないが不思議とそう思うこともある。
 
 
直感的フィーリングがそこそこ合えば、話も弾むしテンポもいい、そしてとくに気をつかわなく心地良く感じる。
 
前職では、最初にそう感じたお客さんは、高確率で自分の顧客になってくれたような気もするのだ。
 
 
今日もある人と会い商談をしたのだが、なんだかそんなような感触がしたのだ。
 
そうなればなんだか仕事も一緒にするとなると上手くいきそうな気がする。
 
 
とくにビジネスともなれば、なんだかこの担当やだなーと感じ、チェンジしたこともこれまで何度かある。もしくは会社を変えたりすることもあった。
 
 
とくにDislikeではなかったのだが、以前でいえばリクルートの担当者を2度くらいチェンジしてもらったことがある。何度か会って直感的にそう思ったからだwそう感じてしまったら、なんだかうまくいく気がしなくなるw
 
あの時はすみませんでしたw
しかし我慢して一緒にビジネスするより、そのほうがお互い気持ちよくなりそうな気がしないか?
 
 
私はこう見えて人を見る目があったりもするのだ(笑)
 
いやこれは単なる独断と偏見に過ぎないのかも。
 
しかし考えることも大事だか、感じることも大事であろう!
 
なんとなくでも直感的なフィーリングが合う人だけと仕事ができたり顧客となればそれは理想的といえないだろうか、
 
そういった顧客やパートナーとこれまで関係性をあまり築けていなかったと思った次第である。
 

f:id:katorimasahiro:20160201202142j:image