香取正博のブログ

ナインオクロックは国産無地Tシャツブランド! 東京から岩手に愛犬と移住しました。あとデフレ脱却を熱望しています。

香取 正博のブログ

ハゲは子供にとって恰好のエサとなる?

おはようございます。

 
昨夜から帰省した香取です。
 
世間はお盆休みということもあり堅い話はなしとしましょう。
 
 
またハゲネタで恐縮なのですが、
実父もハゲている、私も将来ハゲ確定であるということでお許しくださいませw
 
 
実父は私が生まれながらにしてハゲであった。
 
 
私は、父というのはハゲているのが普通だと思っていた。
 
 
ということもありハゲに関しては身近であり、これといって特別な存在でもないと思っている。
 
 
ハゲている父は自営業であったため、幼き頃はよく得意先に一緒について行っていた記憶がある。
 
 
その得意先のおじさんを思い出し、
 
なんだっけ?あのハゲの人?
 
といったら母が笑いだした。
 
 
幼き頃にそのおじさんに向かって、
 
ハゲおじさん!
 
と言っていたそうなw
 
 
親はたじたじになるばかりであったようだが畳み掛けるように、
 
 
つるぴかハゲ丸おじさん
 
 
と毎度会うたびにハゲハゲ言っていたそうである。
 
 
 
そのハゲおじさんも粋な方で、
 
お前の父ちゃんもハゲじゃないか!
 
と返してきたという。
 
 
 
ちょうどその頃、「つるピカハゲ丸くん」がテレビでやっていたのだ。

f:id:katorimasahiro:20150815091930j:image
 
 
ハゲてる人と会うと、ハゲおじさんと直接言ってしまう子供であった。
 
 
そういえば幼き頃も友人から、
 
お前の父ちゃんハゲだよな!
 
とよく言われた記憶がある。
 
 
ハゲは子供にとって恰好のエサとなり、標的に合いやすいのだろうか。
 
 
そして子供はテレビなどに影響されやすいのだろうか。
 
 
昨今では何でもかんでもイチャモンつける親も多いが、その前に親の躾では?と思う。
 
 
しかし我が家に限っては、ハゲはとても身近であったからということで許してもらいたい。
 
 
 
 
私自身はハゲは運命だと感じている。
 
 
それも美容師を引退したひとつの理由だったりもする(笑)